シャンプートピックス

髪の毛とヘアカラーの関係

最近黒い髪の女性がめずらしいくらいに、いろいろヘアカラーでおしゃれを楽しんでいますね。

ヘアカラーには一度過酸化水素水で元の色を脱色してから染めるタイプと脱色せずに上からコーティングするだけのタイプがあります。

髪の毛を傷めるヘアカラーは脱色するタイプで、髪の毛の色素(メラニン)を分解するときに髪の毛の成分であるケラチンを壊すからです。

シャンプートピックス続きを読む

シャンプートピックス

正しいシャンプーの仕方

「すっきり、さっぱり汚れを落とす」ということだけを考えるなら強い界面活性剤を何種類も使用した「中性洗剤」のようなシャンプーを使えばよいということになりますが、それでは毛髪表面(キューティクル)や頭皮の皮脂分を過剰に奪ってしまいます。
できるだけ髪や頭皮、毛根にやさしい、ダメージを与えないシャンプーを選ばなくてはいけません。

自分に合ったシャンプーを選んだ後は、正しいシャンプーの仕方にこだわりましょう。
続きを読む

シャンプートピックス

男性の薄毛と女性の薄毛はここが違う

女性の薄毛は一本一本の髪の細化によります。
栄養補給と正しいシャンプーで髪の元気は取戻せます。

健康な髪の毛は、毛の表面に光沢があって、表面のキューティクルが滑らかで、枝毛がありません。こういう健康な髪は一日平均50〜60本くらい抜け落ちて新しい髪にかわっていきます。
続きを読む

シャンプートピックス

中年からのヘアケアポイント:シャンプー選び

ヘアケアのポイントとして気をつけなくてはいけないのは、シャンプー剤の選び方とシャンプーの仕方です。
続きを読む

シャンプートピックス

中年からのヘアケアポイント:毛髪サイクルを正しく

髪のボリュームが減ってくるのは、髪の毛が細くなってくることと髪の成長サイクルが乱れて、成長しきらないうちに抜けてしまう抜毛が原因です。
続きを読む

シャンプートピックス

中年からのヘアケアポイント:キューティクルを大切に

薄毛の原因は毛髪サイクルの乱れにあります。栄養バランスに気をつけると共に、正しいシャンプー剤選び、シャンプー法が大切です。

30代後半以降の女性の髪に関する悩みで多いのは

○髪につやがなくなり、枝毛や切れ毛が増えてきた
○髪のボリュームがなくなってきた
の2つです。
続きを読む

シャンプートピックス

お肌と頭皮を理解して薄毛を克服

皮膚と毛髪の違う所は、皮膚は無限に細胞分裂を繰り返すのに対して、毛母細胞は一定の時期がくると分裂するのをやめて、毛根全体が角質化して、毛乳頭からはなれて脱けおちてしまうということです。
しかし毛乳頭が生きているかぎり、同じ毛穴からしばらくするとまた毛が生えてきます。
薄毛を克服詳細を読む

シャンプートピックス

薄毛の原因を頭皮から考える

あなたは髪のライフサイクルを中断させていませんか。

毛髪の成長を支配しているのは毛根の下の毛乳頭です。
毛乳頭にダメージを与える食生活、洗髪習慣が薄毛の原因です。

髪は発生学的に見ると皮膚、それも表皮の一種だということは耳にしたことがあると思います。
元は一緒なのですから皮膚と髪にはいろいろな共通点があります。

まず主成分は髪も皮膚もケラチンというタンパク質です。
ただし、毛髪は表皮のケラチンよりも硬く、ハードケラチンとよばれています。
この硬さは毛髪のケラチンがシスチンというアミノ酸を多量に含んでいることによります。
毛髪のケラチンが硬いといっても、かなりの量(重量の約10パーセント)の水を含んでいます。
この水分が髪の毛に柔軟性を与えているのです。
この点でも毛髪は表皮のケラチンと似ています。

表皮細胞は分裂を繰り返しながら上へ上へと押し上げられ、角化つまりケラチンを細胞内にためこんで死んでいきますが、毛髪が伸びるのもこれとよく似たメカニズムです。
毛髪は図のように皮膚の中に4〜5ミリメートルぐらい埋まっています。この埋まっている部分を毛根といいます。

毛根は表皮と真皮に包みこまれています。これが毛包です。毛根の先のところはふくらんでいて、血管や神経もきています。この組織は毛乳頭と呼ばれています。
毛乳頭の真上には毛母細胞という細胞があり、この細胞がいわば毛髪の源です。毛母細胞は分裂を繰り返すとともに上へ上へと押しあげられ、角化していきます。このとき近くのメラノサイトからメラニン色素を受け取って黒くなりますが、この点も皮膚とよく似ています。

シャンプートピックス

紫外線とキューティクル:髪の健康について考える

夏の紫外線は髪のキューティクルをボロボロにします
髪のボリュームが減るのは一本一本の髪が細く弱々しくなっているからです。
髪の健康続きを読む

シャンプートピックス

薄毛が女性の髪の悩みワースト1

薄毛に悩む女性の頭皮は、赤味を帯びた肌荒れ状態になっていることが多いのです。

豊かでつややかな髪はいつの時代も女性らしさのシンボルです。
しかしテレビ番組(TBSはなまるマーケット)の調査によると女性の髪の悩みでもっとも多かったのは「抜け毛・薄毛」で2位の「髪のダメージ」や3位の「白髪」を大きく上回っていました。
また同番組によると、アデランスの新規顧客が年々女性の数が増えてきたそうです。
女性の髪の悩み続きを読む
タグ:薄毛

シャンプートピックス

女性の薄毛:髪の健康について考える

髪の毛が薄くなる悩みは男性だけではありません。
特に女性はさっぱり感、サラサラ感を求めて中性洗剤のようなシャンプー剤を使っていると、頭皮をいためて、やがて薄毛の悩みがやってきます。
女性の薄毛続きを読む

シャンプートピックス

里見英子先生プロフィール

里見英子先生
医療法人泰仁会 白山病院 副院長


里見英子先生は医療活動のかたわら、テレビ、ラジオへの出演、新聞コラムの執筆など多方面で活躍している。

現在オリビアの会報誌で、ドクター英子の「コスメ三昧」を連載中。 里見英子先生が注目するのは、オリーブ油にわずかに含まれるスクワランが人の皮脂とよく似た性質を持ち、肌への親和性がとても高いことです。
化粧水の後に使う美容オイルとしてオリーブスクアランは理想的です。
タグ:里見英子

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。