シャンプートピックス

髪の毛とヘアカラーの関係

最近黒い髪の女性がめずらしいくらいに、いろいろヘアカラーでおしゃれを楽しんでいますね。

ヘアカラーには一度過酸化水素水で元の色を脱色してから染めるタイプと脱色せずに上からコーティングするだけのタイプがあります。

髪の毛を傷めるヘアカラーは脱色するタイプで、髪の毛の色素(メラニン)を分解するときに髪の毛の成分であるケラチンを壊すからです。

髪の毛を傷めても新しく生えてくる髪の毛には影響はありませんが、傷んで腰が弱くぺらぺらになった髪の毛では思うようにスタイリングができないし、人に不健康なイメージを与えることもあります。

ヘアカラーも使いすぎには注意しましょう。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。