シャンプートピックス

お肌と頭皮を理解して薄毛を克服

皮膚と毛髪の違う所は、皮膚は無限に細胞分裂を繰り返すのに対して、毛母細胞は一定の時期がくると分裂するのをやめて、毛根全体が角質化して、毛乳頭からはなれて脱けおちてしまうということです。
しかし毛乳頭が生きているかぎり、同じ毛穴からしばらくするとまた毛が生えてきます。
健康な髪は5〜7年の成長期のあと、3ヵ月くらいの休止期をへて退化期(2〜3週間)に入ります。これが毛髪のサイクルといわれるものです。
このサイクルが乱れてまともな成長期を経ることなく休止、退化してしまう(こうなると細く、短いポヤポヤの毛髪になる)のが薄毛です。

男性の場合はこのサイクルの乱れは男性ホルモンに関係があるとされています。
では最近増えたといわれる女性の場合はどうでしょう。
何か他の原因が毛乳頭の活性を弱めていることになります。

その原因はいろいろ考えられますが、
@皮脂を奪いすぎる合成界面活 性剤の入ったシャンプー剤の使用
Aダイエットなどによる栄養不足や偏り
Bヘアカラー、パーマなどによる毛乳頭へのダメージ
Cストレス
などが代表的なものです。

薄毛が気になりだした人は、まず毎日のシャンプー剤選びやシャンプー法を見直してみる必要があります。何度もダイエットとリバウンドを繰り返しているという人は、栄養の摂り方に十分注意してください。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。